ソトあそび・アウトドアレポート

【キャンプ場施設レポート】Foresters Village Kobitto(フォレスターズビレッジ・コビット 南アルプス)②



b0008655_11463544.jpg

Foresters Village Kobitto(フォレスターズビレッジ・コビット 南アルプス)のキャンプレポートは別途2回に分けて場内の様子などもお届けいたしましたが、今度は2回に分けて「施設」に関してを詳細にレポートしてみようと思います。

建物編に続きましてその②「サイト編」です。



↓↓ 建物編はこちらです ↓↓





b0008655_12482247.jpg

建物編からのおさらいを全体マップでしますと、コビットは通路を挟んでサイトが伸び、山(丘)の上にコテージ群が立ち並びます




b0008655_11465376.jpg


まずは上段に当たる「フォレストサイト」からいきましょう。

サイトナンバーは「F」です。

各サイトに電源付き

グループでの使用はできません。



b0008655_11505637.jpg
F-1

一番手前。

b0008655_11513598.jpg

b0008655_11520215.jpg

F-2

看板のF-3はとなりのが写っています。

b0008655_11470731.jpg


F-3

すみません、こちらも隣の番号が写っていて。




b0008655_12051336.jpg

細い木がある手前がF-4

ご覧の通りフォレストサイトはほぼ正方形のサイトで、写真で思うより広く、サイトの展開に困ることはまずないでしょう(各130㎡




b0008655_11472476.jpg

サイトの間にあるサニタリー②。


b0008655_11530634.jpg


b0008655_11473413.jpg

b0008655_11474721.jpg

サイトの広さとサニタリーのきれいさ、これはコビットの最も大切な「約束」であり、お客さんもそこに安心感を抱いているのは間違いところでしょう。




b0008655_11475842.jpg

他では見たことのないLED自動水洗。

へー!


b0008655_11481301.jpg

b0008655_11482104.jpg


BBQコンロなどの専用水栓はたにもあるものの、それでお湯気出るっていうのは初めてじゃないかな?

網のあの油はお湯じゃないと落ちないですからね。

それにお湯が出るのであれば優しい洗剤を少なく使うこともできますから。




b0008655_11532810.jpg

F-5

もしかしたらここが一番広く感じるかも。




b0008655_12023852.jpg



b0008655_11483335.jpg




b0008655_11534672.jpg


F-6

よくサイト内に木があると「なんで切らなかったの?」というマイナスのイメージがあったりするかもしれませんが、キャンプ場づくりのベテランが「なぜそこに木を残したのか」というのが実はすごく大切だったりします。

私はFサイトでどれを選べと言われればいろいろな意味でF-6かも。



b0008655_11485865.jpg

b0008655_12434593.jpg

F-7

b0008655_11495737.jpg

こんなところにさりげなく置いてあるどんぐり。

もちろんキャンパーの方が置いたものと思われますが・・・敢えてこれを片さずに残す。

サイトを作るのはキャンプ場。サイトを彩るのはキャンパー。



b0008655_11493233.jpg

一番奥がF-8

サイトの区切りがないので自由度高し。



b0008655_12003911.jpg




b0008655_11550447.jpg

その上にまるで隠れサイトのようにあるF-9



b0008655_11541162.jpg

いつも思うのですが、こういう変則的なサイトを逆に好む人っているんですよねー(笑)

キャンプ場とサイトの好き嫌いはまぁ十人十色。


b0008655_11492281.jpg



b0008655_12111254.jpg

コビットになって敷かれていた「ビリ」。

このビリの上でのキャンプはとても楽。

サクサクってならせられるし、この踏む感覚がまたいいんですよねー。


ビリはサイトだけでなく各所の通路にも敷かれています。

水はけがいいですから。



b0008655_11501470.jpg


一れるのサイトの良さはある意味お隣さんが横にしかいないということでしょうか。当たり前の話ですが(笑)

前にも後ろにもサイトがあるわけではないし、F-4、F-5ならお隣のみ。

そういうことが気になっちゃうというのもよくわかります。

キャンプ場とサイトの好き嫌いはまぁ十人十色(笑)。



b0008655_12094598.jpg

管理棟(ゲストハウス)へ戻りましょう。



b0008655_12080658.jpg



b0008655_12120948.jpg

ここはサイトでも何でもありませんが・・・



いつかここが何かになるんじゃないかなぁ・・(笑)



b0008655_12131500.jpg


b0008655_12145392.jpg


この一本道を挟んで右側が石空川(いしうとろかわ)に沿ったさいとになります。





b0008655_12151587.jpg

一番最奥に進むと・・




b0008655_12153551.jpg


右手にある最初のサイトが「2F-2」

Fは「ファミリー」の意味。頭の2と合わせて2家族が入るという意味になります。



b0008655_12160426.jpg

b0008655_12185792.jpg


b0008655_12190153.jpg

なのでこの広大さ。

実測で200㎡。





b0008655_12162156.jpg

b0008655_12192023.jpg
続いてR-1

リバーサイトの1番。



b0008655_12261667.jpg


b0008655_12193685.jpg
R-2

十分な広さですね。

b0008655_12171238.jpg

b0008655_12271036.jpg

目の前には石空川。



b0008655_12165614.jpg
最奥のR-3


b0008655_12194555.jpg


b0008655_12191120.jpg



b0008655_12210209.jpg

この杭と虎ロープがあることにネガティブに感じる人がいたそうですが、これはもう安全確保ということで・・




b0008655_12212355.jpg

ゲストハウスの方へ戻ります。



b0008655_12380396.jpg
S-3


ちょうどゲストハウスの真向かいくらいにあるのが、いくつかあるスモールサイト(50㎡、レギュラーシーズンで千円)。

そもそもあった昔の標準サイトを角度を変えてのプレゼンテーションしたわけですね。

昔のサイトというは長らくこの場にあった「ウッドランド武川」のサイト。

南アルプスのキャンプの歴史の一幕を飾ったキャンプ場です。

まだその当時はこの小さいサイトでも標準でした。

もちろん大きな石があってレイアウトが変えられないというのもあるでしょうけれど、敢えてこのサイトを残してあるのには先人のリスペクト、また近年では小さなサイトでコンパクトキャンプをするニーズも増えてきているからでしょう。




b0008655_12381093.jpg


b0008655_12214167.jpg

S-2

かなりテクニカルなサイトではありますが、最近の小型化したテントなどならいけるでしょう。


地面は平たんです。



b0008655_12215106.jpg




b0008655_12221443.jpg


b0008655_12222943.jpg


b0008655_12275381.jpg

S-1

b0008655_12290391.jpg



b0008655_12225312.jpg


b0008655_12302076.jpg



b0008655_12233962.jpg
2F-1

ここも2家族専用

昨秋のプレシーズンの時はここに泊まらせてもらいました(その時は自由だったので)。


b0008655_12591382.jpg


その時の星空がまた味わい深く・・・



b0008655_12304685.jpg

b0008655_12235083.jpg


b0008655_12313151.jpg
そして、Y-1

Yは「ゆったり」の意味です。


b0008655_12240530.jpg

b0008655_12241695.jpg

その通り1サイトとしては特別の150㎡、そして一番のプライベートサイト。



b0008655_12242836.jpg

原型からかなり整備されて非常に使いやすいサイトに仕立てられました。





b0008655_12244016.jpg

私的にもNo1サイトだろうと思います。




b0008655_12391954.jpg
ここを下りればすぐに石空川。


水遊びの大好きなご家族のベースにも一番いいでしょう。


※けっして石空川は危険な川ではありませんが・・・小さいお子さんを川へ一人で、または小さい兄弟だけで行かせては絶対にいけません。ちょっとしたことで川というのは嵌ってしまうことがあります。そうしたら非力な人は自分ではどうしようもでません。「ちょっと遊びに行ってきて、こっちはご飯作って手が離せないから」などという瞬間が一番危ないです。




これでキャンプレポート、施設レポートが4編で完成です。


この施設編にはなかった場内の風景は以下のキャンプレポートにまとめておりますのでよかったらご参照ください。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


キャンプレポート・前編




キャンプレポート ・後編



施設編①「建物編」はこちら。






Foresters Village Kobitto(フォレスターズビレッジ・コビット 南アルプス)公式サイト











トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26351761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-11-10 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM