旅・たび・TRIP

◆美味しんぼ 実物比べ ~志摩観光ホテルとラ・メール・クラシック

b0008655_17064479.jpg


もう何年も何年も、そう数えれば30年行ってみたくて行けていなかった日本の名門ホテル「志摩観光ホテル(現・志摩観光ホテル ザ・クラシック)」。

通称「シマカン」。

何よりもここが世間に知れ渡ったのがG7サミットの開催地となったこと。


しかし私がこの地に憧れたのは30年前で、それはこのホテルの海の幸フランス料理に強く魅かれたからです。

当時から行きたい行きたいと思っていたにもかかわらずそれが叶わずにいた中で、さらに憧れを煽ったのが「美味しんぼ」での登場です。

これがもう印象的で、頭に焼き付いてしまい・・・




b0008655_17071603.jpg

登場はコミックの第13巻第9話、アニメでは34話の「あわび尽くし」。

海外帰りの合理主義小泉局長に、主人公山岡が合理的では片づけられない”味のある”深さを説いて伏せるのに使ったのが「あわび」

そしてまさにあわびの究極の料理として登場するのがこの志摩観光ホテル。一連の和や中華のあわび料理を食べたのちにここへ向かいます。

無謀にも日帰り前提で。つまりそうしてまでも行く価値がある、ということです。


実際には「志摩観光ホテル」という名前は出てきません。

当然誰もがそれは判っていることですが、敢えて同じシーンに近いものを再現して実証してみましょう。





b0008655_17073039.jpg

アニメのほうが少しコンパクトですが造りは全く一緒。


アニメのほうは東側の風景、この写真は反対側の風景。


b0008655_17463809.jpg


b0008655_17073648.jpg

志摩半島といえば真珠の養殖。


b0008655_17460143.jpg



b0008655_17075758.jpg
そしてこの志摩観光ホテルの宝といえば、

日本一の海の幸フランス料理ラ・メール」、そして英虞湾の夕陽。





b0008655_17095080.jpg

3人が丸テーブルとして座っているのはこの奥ということになるのでしょうね。





b0008655_17080094.jpg

アニメでは徐々に徐々に夕陽が沈んでいく色合いを上手に表演しています。



b0008655_17074005.jpg



b0008655_17082452.jpg




b0008655_17083894.jpg

そして登場する「高橋シェフ

山岡の言でも「日本一の海の幸フランス料理」を創るシェフと紹介されます。

本名は高橋忠之さん


b0008655_18045438.jpg

そう、あまりの憧れと行けないイラつきから私は25年前にこの高橋さんの著書海の幸フランス料理」(柴田書店)を買ってしまったほどです。





b0008655_17084767.jpg

そして高橋さんの料理の2台巨頭が「鮑のステーキ」と「伊勢海老のクリームスープ」。




b0008655_17084347.jpg

美味しんぼで出てきたあわびの究極料理も「鮑のステーキ」。



b0008655_17090375.jpg

ソースこそ違えど、30年間の思いを馳せて鮑のステーキをいただきました。

この料理については別の記事にします。

なにせ30年待ったのですから。





b0008655_17094742.jpg



小泉「そうだ、今日は帰らずにここに泊まって、腰を据えて食べよう」

高橋「最大の賛辞です。ありがとうございます」

という会話があったと思います。




b0008655_17100473.jpg

そして夕陽が沈んでいきます。



b0008655_17101077.jpg

まさに日本一の夕景といっていいでしょう。



b0008655_17101400.jpg

実際の営業時間からすると夕陽を見ながら料理を食べれるかは微妙です。

漫画上の設定ですし、ほかにお客さんがいない状況設定になっているので山岡の特別手配だったのでしょうね。


しかし、美味しんぼでの再現は実に忠実であったということが判りました。



b0008655_17104005.jpg

当然といえば当然でしょうが、ラ・メール・ザ・クラシックもG7の舞台になっています。




b0008655_17113873.jpg

伝統の志摩観光ホテルは今年リニューアルし、さらなるクラシックモダンの極みとなりました。



b0008655_17114327.jpg

よりリゾート色を濃くなっているようです。




b0008655_17114712.jpg




b0008655_17115219.jpg

こちらはベイスイート

ザ・クラシック以上にモダンで、全室が豪華スイート。


b0008655_17120035.jpg
その屋上庭園。



b0008655_17120909.jpg




b0008655_17342668.jpg





b0008655_17343118.jpg





b0008655_17343575.jpg

独りG7(笑)



まさしく30年越しの想い、鮑のステーキと伊勢海老のクリームスープは別の項にて。





トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/26237972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-10-18 07:00 | 旅・たび・TRIP | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM