星ゾラ閑話~八十八夜 

◆【緊急企画(笑)】七夕オモシロばなしをどうぞ!

b0008655_18373655.png

雨じゃない七夕はどのくらいぶりでしょう(場所に拠ってですが・・ちょっと雲があるかも)。

そんな七夕のオモシロ話を少しだけ。

みなさん、短冊に願い事書きました?

ん?これから?

あ、残念、もう遅いです(笑)

というのは少しジョークですけど、七夕を神事と考えれば実はもうこの時間終わっているんですね。

つまり、7月7日の夜というのは正確には7月6日23時59分の1分後?ですから、昨晩の夜中に終わってます(苦笑)

なので、短冊は7月6日以前に飾るわけですね。

いわば、クリスマスなんだか、イブなんだかに近い話なんですが、今晩の夜はまぁ2回戦?ということにしておくといいかもしれませんね。

もちろんこれは「神事」としてならばで、日常のイベントならそれは誰がなんと言っても今日ですし、それにある意味本番の旧暦七夕はまだ1ヶ月先(※国立天文台による伝統的七夕は今年の場合8月9日)ですから、ソラに思いを馳せる季節の行事としては、今日も1ヵ月後も同様に夜を愛でていただきたいと思います。


b0008655_18374067.jpg

こと座のベガ、わし座のアルタイル

そう、ベガルタ仙台はまさにこの二つの星の掛け合わせでできた名前。

七夕の街、仙台のチームとして最高の名前ですよね。


特にベガ=織姫星はとても明るくきれいな一等星ですから、ぜひ今晩見上げてみてください。

ベガなら都心でも結構よく見えます。

例えば今晩の8時過ぎとしましょうか。

東にブルーに輝くベガ、南には真っ赤に輝く火星、天頂付近には本当にその色に見える「麦星」アークトゥールス、西にはイメージどおりの星の色、黄色く強い光の木星と、ものすごく今カラフルなんですよ。

昨晩は千葉の私の住んでいる街でも十分すぎるほど見えました。

今晩、ちょっと表に出て、東西南北をご家族で眺めてみませんか(^^)


b0008655_18374536.jpg


さてさて、ロマンチックな七夕伝説

織姫は天帝の美しい娘さん。

いや、恵まれた環境に育ったからと言って美しいとは限らないか(笑)

まぁ、それはよしとして、

”織”というのはまさに服飾のこと。つまり・・

アパレルメーカーにお勤めだったのですね(笑)

デザイナーかな?パターンナーかな?(笑)

牽牛さん=彦星。

名前の通り牛を牽く人、つまりカウボーイじゃないですか(笑)

ハンバーーーグ!」とかいうかもです(笑)


やたら働くアパレル社員。毎日ハードワークのカウボーイ。

この恋が実り、仕事熱心な二人が結ばれると・・・

愛が深すぎとよくあるんです。

君と離れるのはイヤだ!」「アタシもよ!ケンギュウさん!

あーあ、あんな働き者のふたりが、働きもせず堕落した新婚生活を送ってしまうとは。


これはお父上=天帝さんも怒りますわな。

なーーーにをベタベタやっておる!!!みておれん!!

と、なんと多摩川を挟んで二子玉と川崎に別居させちゃったんですね(笑)

怒りに任せて別居させちゃったものの、そこは親心「ちと、可哀相かな」となり、ちゃんと働きさえすれば1年に1回だけ第3京浜を渡ることが許されることになるわけです。

2人はその後仕事の鬼と化し、7月7日がそれは待ち遠しい。



いや、待てよ??

確かに多摩川渡るくらいなら1.4kmでいいけど、ベガとアルタイル間はなんと14光年


「あー、明日織姫に会える!」と思っても、光のスピードがでても14年先のこと。


ちょっと、引き離しすぎじゃない?天帝さん(笑)



トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/25990190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-07-07 19:27 | 星ゾラ閑話~八十八夜  | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM