ソトあそび・アウトドアレポート

■キャンプ場レポート:森と星空のキャンプヴィレッジ@ツインリンクもてぎ ~キャンプ場の第2世代はバショという名の資産を活かすかどうか

b0008655_11074741.jpg
以前お伝えしました栃木県茂木町にあるツインリンクもてぎ内「森と星空のキャンプヴィレッジ」が、3/19に新たな出発となりましたので、詳しくレポートしてみたいと思います。

私がお邪魔したのは直前の17日-18日のプレスデイです。

b0008655_11131166.jpg
今回の一番のウリは、なんといってもこのファミリーグランピングサイトのオープン。

言い方としては「セットアップテントサイト」です。つまり常設。

本来のキャンプ場はこの手前側の小高い丘でしたが、ここは少しくぼんだ場所。






b0008655_11165100.jpg
「森と星空のキャンプヴィレッジ」という名前で一番重要なのはそのパノラマバランス。

森と星空、この二つ、よくよく考えると相反するもの。もっと言えば両立しがたいものです。

森の中にいたら星空のパノラマは開けない。逆にパノラマばかりだとただの平地になってしまう。

そこでこの南の空、そして北が開けつつ、東に適度の雑木林、西に杉木立、そして窪地なんですね。

b0008655_11244601.jpg
b0008655_11260301.jpg

夜は東からゆっくりやってきます。窪地といってもすり鉢状ではないので、東から昇る星々は小高い森の隙間からゆっくりと顔を見せてくれます。



b0008655_11272622.jpg
そして「何もない」南へ移ったころには季節の星座がスクリーンいっぱいに。


b0008655_11340224.jpg
※この画像は曇ってきてしまったあと(22時頃)に撮ったので星が写りませんでしたが、2時間前くらいは月明かりに負けず、西からおうし座、オリオン座、ふたご座、かに座、しし座が大変よく見えていました。

ご覧の通り、南は真っ暗。

そこにサーキットがあるにもかかわらず。

いや、広大なサーキットがあるからこそ、です。


b0008655_11515613.jpg
当然と言えば当然で、サーキットがある以上音との関係からも、近隣に光が上がる集落や民家がありません。

私はこの言い方が好きではないのですが、あえて言えば「光害」がないのです。

山間部ならともかく、平地で、しかも利便性を保てる場所において、これだけの周囲の暗さを確保できる場所なんてそうそうありません。


このツインリンクもてぎの成り立ちがまた面白く、そもそもの広大な土地自体を慣らして作られているので、無理やり土砂とかを運び込んでの造成とはわけが違い、自然をなるべく壊さずに作られたキレイな台地です。

b0008655_11523914.jpg

平たくものすごく広大、周辺の光がほとんどない、平地でこんなにもソラが開け、それでいて何もない場所ではなく十分すぎるほどのレジャー施設内。

ある意味、キセキじゃないのかと思います。

b0008655_11550126.jpg
b0008655_11554457.jpg
キャンプ場の話に戻りますと、南にいっぱいに広がったソラは、やがて西側へ移動し杉木立へと沈んでいきます。


b0008655_11573326.jpg
私が写真を写すころには、下弦の月明りと薄雲になったものの、その月明りがこんな幻想的なグラデーション&ハロを見せてくれたのは、もてぎのソラの暗さあってこそです。

左にあるのは木星。真ん中の上にあるのはしし座の大鎌の部分(逆ハテナ)

b0008655_13071812.jpg
北はこちらの方角。

こちらもキャンプサイトから開けていて、北極星が隠れることがありません。

これも何気に大事ですね。

b0008655_12060489.jpg
b0008655_12065526.jpg
さて、セットアップテント。

今やグランピングイメージの代表格ともなってきたキャンバスキャンプ・シブレー。

そこに同じくのスクエア。

フラットなパレットの上にテントがあるので、湿気、冷気は直接受けにくなっています。当たり前ですけど水没の心配も少ないです。

張り綱も杭で固定されていて安定感十分。

個人的な意見で言えばたーの存在はどうなんだろうな・・という気もしなくはないのですが一般的に考えれば常道ではありますよね。


b0008655_12241131.jpg
ウッドテーブルにチェアはおなじみ「TAKEチェア」が4脚。

b0008655_12261201.jpg

b0008655_12270227.jpg
b0008655_12273726.jpg
b0008655_12284784.jpg
b0008655_12291389.jpg

b0008655_12293491.jpg
内部の装備です。

片付けの最中に撮ったので少々乱れてるのは私のせいです(笑)

b0008655_12351349.jpg

b0008655_12301088.jpg
b0008655_12301567.jpg
b0008655_12330081.jpg
b0008655_12321421.jpg
b0008655_12353509.jpg
冷蔵庫やポットの他にディフューザーもあるんですね。

b0008655_12362721.jpg
これがありがたい電気カーペット。

これがあるとテント内の温度を座っているいないにかかわらずそれなりに保てます。

季節の変わり目はテントサイトでも寒暖の差は受けやすいですからね。

b0008655_14072438.jpg
セットアップテントには1台ずつ天体望遠鏡、本格双眼鏡が備えられていますので、ぜひ存分に使ってほしいですね。

操作はとても簡単ですので安心してください。見方はスタッフがサポートしてくれます。

b0008655_12395021.jpg
b0008655_12400932.jpg
特徴的なサイト周りの照明。

実は・・当初むき出しで光の洩れ方が大きかったこともあり、このシェードに変更になったのです。この辺の柔軟さがと対処が「森と星空・・」の名を冠する者としても強い決意でしょう。

b0008655_12490804.jpg
地面やサイトを緩やかに照らしつつ、上部にはさほど光を上げず、星空を邪魔しない、そしてもし・・天候が悪かったような日でも、このシェードが星をちゃんと提供してくれる役割もあります。

b0008655_12530376.jpg
b0008655_13300075.jpg
b0008655_12530792.jpg
同様にサニタリーも通常光が上に漏れる星空の阻害要因になりますが、ご覧の通りすべての照明が下向き。そしてやわらかい電球色。こんなところで蛍光色がきたらすべてオジャン。

トイレも今点いているのは人感センサーが働いているから。

キャンプ場のサニタリーはさすがに真っ暗というわけにはいけません。なので利便性と暗さの両立が大切。

そしてお気づきのように自販機がここにはありません。あの光は星空の大敵。

b0008655_14081050.jpg

センターハウスの方にありますが、これも夜は照明シャットダウン。

運用にもよりますが、センターハウス、この炊事棟もある時間帯は消灯、減灯を考えられているそうで、その辺もスタッフのみなさんが意識を高めてくれているのがうれしいですね。

b0008655_12513296.jpg
その中心として動いている中山さん。

とても勉強熱心で親しみやすいこの笑顔。

いつも同じことを言いますが、キャンプ場の価値の中に占める「人」の割合はとても大きく、場所の価値と人の価値の両方で高めあうのが今のキャンプ場の在り様です。


b0008655_13270843.jpg
共用のファイアプレイス。

サイトで焚き火が楽しめなかったとしてもこちらが使えます。

焚き火もある意味、星空のちょっとした阻害要因でもあるので、あまり大きな火にならない、または適当に炭が混ざって火が上がらない工夫があってもいいでしょう。

b0008655_13302938.jpg
b0008655_13312921.jpg
b0008655_13324440.jpg
b0008655_13324844.jpg
すべてがセットアップではなく、テントサイト=グリーンサイトもあり、ある意味こちらはさらに景色が開けていてパノラマが大きいといっていいくらい。

サイト自体も広く、テント&スクリーン連結でも大丈夫。

電源も備わっています。

b0008655_13350425.jpg
この日、プレスデイの2日目として女優でバイク雑誌でもおなじみの落合恭子さんを囲む形でグランピングの体験会も行われました。

b0008655_13392772.jpg
b0008655_13393649.jpg
b0008655_13402766.jpg
b0008655_13405083.jpg
b0008655_13411860.jpg
b0008655_13413219.jpg
b0008655_13413851.jpg
b0008655_13425418.jpg
b0008655_13433196.jpg
今回のリニューアルのポイントは、ツインリンクの中でホテルがキャンプ場と協業している点です。

つまりグランピングのサービスベースがそこにある点。

これらの食事のサポートもそのバックアップがあって行われています。

言い換えればベースがホテルクオリティということになります。

もちろんホテルとキャンプではいろいろと違う点がありますから、この落としどころが納得いくものになるかが今後の注目ですし、もしかしたら一つの成否のポイントとして注目したいところです。

b0008655_13505075.jpg
b0008655_13494137.jpg
b0008655_13511798.jpg
b0008655_13531324.jpg
ここからは従来のキャンプ場の方で、合わせて新規になっているのでご紹介しましょう。

センターハウス。

b0008655_14393694.jpg
b0008655_14394161.jpg
b0008655_13540311.jpg
b0008655_13553241.jpg
b0008655_13544812.jpg
b0008655_13543440.jpg
続いてキャンプサイトを左回りで。


b0008655_13560236.jpg
まず最初にあるのがログキャビン。
b0008655_13561775.jpg
手前に炊事棟。

b0008655_13574469.jpg
キャビンはおなじみのBOSS。

b0008655_13580243.jpg
直火もここなら可能。

b0008655_13580790.jpg
b0008655_13581746.jpg
場内もソラが開いています。

b0008655_13583500.jpg
このステージがどのように活用されるかがカギですね。

b0008655_13583836.jpg
この切り株ロードも・・・してみたり・・・してみたりするきっと面白いだろうなぁ。


b0008655_13591191.jpg
b0008655_13582837.jpg
上部のサニタリー。

どこもウォッシュレット。

b0008655_13591508.jpg
お湯も出ます。

b0008655_13592015.jpg
ステージの奥にあるファイアプレイス。

ここも・・・してみたらいいだろうなぁ。



b0008655_13592779.jpg
b0008655_13593285.jpg
BBQプレイスですが、もうちょっと違う使い方に発展しそうな感じ。


b0008655_14003525.jpg
さすが!!

普通のキャンプ場にはまず存在しない「バイク駐車場」

これで、キャンプ場でサイアクの立ちごけ・転倒防止。


b0008655_13594131.jpg
b0008655_14000235.jpg
b0008655_14002260.jpg
b0008655_14023518.jpg
b0008655_14002611.jpg
林間サイトとは、この斜面のサイト。

ここの雰囲気を見ると「栃木のキャンプ場」~って感じしますねー。

一応駐車エリアもありますが、現実的かというとやはり・・・

バイカーの方のソロテントなどのがいいでしょうね。


b0008655_14033231.jpg
オートキャンプはやはりその専用サイトのが使いやすいです。


b0008655_14033630.jpg
大きさは今の標準からいけば大きくはないです。

いい加減なことを言えませんが、サイトを二つ繋げて広大なサイトにしてしまった方が逆にウリにもなるし、むしろ稼働が上がるのではないかとも思えます。

やはり、クルマとは縁遠くないこのキャンプ場の成り立ちですから、今の時代の「オートスタイル」に思いっきり踏み込んだ方が余計にアイデンティティが明確になるかとも思いますね。


b0008655_14035716.jpg
b0008655_14041199.jpg
b0008655_14042521.jpg
b0008655_14043898.jpg
b0008655_14044260.jpg
b0008655_14045527.jpg
b0008655_14052007.jpg
b0008655_14054936.jpg
私がその昔の昔、まだハローウッズの名前さえ着いていなかった頃に利用したのはたぶんこのサイト。

あの頃はまだ背丈だったシラカシもいまや大樹に。


b0008655_14061017.jpg
b0008655_14092801.jpg
さてさて、キャンプ場ばかりの話でしたが、そもそもは「ツインリンクもてぎ」ですからサーキットが中心ですが、忘れてはいけないのはここが広大なレジャーランドだということ。

それは鈴鹿サーキットが現地のそれであることと全く成り立ちが一緒です。

一方でモータースポーツとのインターフェイス、一方で自然とのインターフェイス。

もうこれは理念みたいなものですね。


b0008655_14101356.jpg
ですので、キャンプ場だけではなく各施設をめいっぱい利用しないと、このツインリンクに来た価値の半分をスルーしてしまいかねません。

お子様連れなら、この「ハローウッズ」へはぜひ立ち寄ってもらいたいし、これはキャンプ場とセット、そう考えた方がいいくらいです。


b0008655_14104139.jpg
特にこのジップラインは他では味わえないアトラクション。

何しろ里山からサーキットへ一気にロケーションが変わりながら降りるというタイムマシン的。


b0008655_14112593.jpg
b0008655_14114650.jpg
b0008655_14154389.jpg

b0008655_14122403.jpg
そしてカブトムシの丘にそびえたつ巨大な「樹間タワー」。


b0008655_14133558.jpg
b0008655_14140570.jpg
これが何のためにあるかというと・・


b0008655_14141070.jpg
自然の姿を「見下ろす」体験です。

いつも下からしか見ない世界を、上から観察すると思わぬ発見が。


b0008655_14142061.jpg
そして、先に書いた通り、ここはパノラマの場所の象徴。

この場所で星を見る、ということも将来的にはあるかも。

ちなみに月明りだけでここに上がってみましたが、何の照明もなく、自分でも持たずにそれが可能でした。

真っ暗な場所での月明りとはそれくらい明るいものです。

こういう体験なども非常に重要なことと思います。



b0008655_14143070.jpg
b0008655_14150304.jpg
b0008655_14171272.jpg
b0008655_14183593.jpg

b0008655_14190379.jpg
今一度キャンプ場の方に戻り・・・


b0008655_14201992.jpg
b0008655_14203499.jpg
b0008655_14262121.jpg
「出来たばかりの・・」という表現は相応しくありません。

そもそも歴史あるキャンプ場なのですから。

いわば、キャンプ場としての第2世代への生まれ変わりです。


以前からずっと思っていましたが、キャンプ場のキーは「ヒト」「コト」「バショ」。

特に2番目の「コト」はここ5年に急速に変化し、フェスから始まり、今はグランピングを通過している最中です。

そしてようやく「バショ」に目覚める時代になったと思います。

「バショ」とは単に場内ロケーションというだけではなく、広域で持ちうるその場所特有の資産。

これを活かせして、自らのキャンプ場の価値に転換できるかどうか。

ハローウッズオートキャンプ場が終焉し、「森と星空のキャンプヴィレッジ」となったのはまさにそのことだと思います。




///////// 追加レポート! ////////////







トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/25559189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-03-23 15:32 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM