ソトあそび・アウトドアレポート

【キャンプレポート】JKキャンプ@サンタヒルズ  Part 2

b0008655_22101397.jpg
JKキャンプ@サンタヒルズ  Part 1 からの続き、後編です。

本日の宿泊はこのコテージ「レインディア」。しかもこのタイプは何棟かあって、郁夫さんのイキな計らいで、”ヴィクセン”にしていただきました。

12月ですし、キャンプ場は初たいのJKが2人いますのでこの大型コテージはそういう意味ではうってつけ。



b0008655_12131236.jpg
16人収容。

キャンプ場設備では最大級だし、しかもそれが何棟もあるという個人経営キャンプ場はサンタヒルズくらいしかないでしょうね。





b0008655_12132274.jpg

b0008655_12132263.jpg
囲炉裏形式の焚き火プレイスもユニークならば、その上を通るブランコがユニーク(笑)



b0008655_12132212.jpg
ソファ兼ベッド。


b0008655_12150845.jpg
ダイニングテーブルも大型。

b0008655_12132201.jpg
キッチン完備。食器、調理道具もフルであります。

この奥にサニタリー。ユニットバスもあります。

結構こういうのが大事な情報で、ドライヤーがありましたよ。


b0008655_12132398.jpg
2階へ。

b0008655_12132308.jpg
こういう感じが左右。

b0008655_12132334.jpg
空中の廊下を抜けると・・

b0008655_12132369.jpg
バルコニー。

b0008655_12132317.jpg

b0008655_12132326.jpg

b0008655_12133690.jpg
1階の奥にはベッドルーム。

b0008655_12133772.jpg
ここがJKたちの花園に(笑)


b0008655_12133735.jpg
ということで始まったJK撮影会。

b0008655_12133769.jpg
「そこに一列に並ぼうか!」

b0008655_12133731.jpg

b0008655_12133752.jpg

b0008655_12133777.jpg
しかしこのオソロ・・・JK、おそるべしw


b0008655_12133762.jpg

b0008655_12133700.jpg
撮影会は続く(笑)

b0008655_12133836.jpg

b0008655_12140659.jpg

b0008655_12140608.jpg


b0008655_12140772.jpg

b0008655_12140793.jpg

b0008655_12140773.jpg
今日はワケあって16時から食事準備。

サンタヒルズさんのバリューセットをお願いしています。


b0008655_12140853.jpg
とにかく炭を作らないと。

b0008655_12140831.jpg
その間に焚き火もね。

b0008655_12140821.jpg
すっかりトワイライト。

b0008655_12140817.jpg
ちょっと予定より遅れたけど夕食開始。

総勢14名での食事。

b0008655_12140959.jpg
こういうときはやはりグリルが一番。

BBQではありませんよー。

グリル。

b0008655_12142782.jpg

b0008655_12142815.jpg
こがっちが合いの手に作ってくれた「芋煮」。

b0008655_12142881.jpg

b0008655_12142875.jpg

b0008655_12142864.jpg
オーラ(笑)

b0008655_12142830.jpg
〆は新しく編み出された調理法「無音焼きそば」(笑)

いや、おいしくないとかじゃないです、ほんと音がしないで出来ちゃったんです(笑)

これで食事は終了なんですが・・・

それはどうしても18時45分までに終わらさなければいけなかったから。



b0008655_12142866.jpg
はい、この方が来るので(笑)

「メリー・クリスマ~~ス」

b0008655_12142921.jpg
JK、おおウケ(笑)

b0008655_12142987.jpg

b0008655_12144319.jpg

b0008655_12144312.jpg
はい、ごくろうさまです!(笑)



b0008655_12144421.jpg
このあと・・

諸事情で写真ありません。

諸事情って大した理由ではなく(笑)、単に写真を撮っているヒマがなかったというだけなんです。

というのも、せっかくだからということで、我々ビクセンがきて何もやらないというわけはいかない!

なので、19時半から特別版絵本の読み聞かせ会、それ続いて本日の星空解説をこのセンターコテージで行い、

その後22時までキャンピングカー付近に移動し、準星空案内人2人での星空観賞会をさせていただきました。

ご参加のキャンパーのみなさん、ありがとうございました!


b0008655_12144466.jpg
で、その後はコテージに戻り、今回参加のみんなでキャンプトーク。

バランバランなプロフィルの人たちが一堂に集まるから面白いですよねー。

最後はちょっと夜更かし。


JKはJK部屋ですっかり盛り上がって勝手に寝てました(笑)


b0008655_12144445.jpg

翌朝。

すっかり寝坊。

なんと良い天気。

b0008655_12144400.jpg
ハタさん、マーチン?(笑)はホットサンド研究中。


b0008655_12144441.jpg
わたしがけしかけたので、こんなアソビも(笑)

キャンプは教科書から少し離れるとまた面白い。


b0008655_12144435.jpg

朝ごはんは基本JKたちにやってもらいます。

いい機会ですから。

ダッチオーブンによるチキンマッシュ。

できるかな?

b0008655_12144510.jpg
「ホットサンドにポテチ入れるとうまいよ」

「マジすか!」とマイケル。

「おお、イケるじゃないすか!」


b0008655_12144548.jpg

そう、アリなんですよ〜

ホットサンドもJKに作ってもらいました。

名付けて「JKサンド」

・・マンマやな(笑)

b0008655_12145974.jpg

b0008655_12145946.jpg

チキンマッシュ、完成!

b0008655_12145903.jpg

b0008655_12150001.jpg

b0008655_12150074.jpg

楽しい時間はいつもあっと言う間。

時間が止まればいいのに・・

キャンプから帰る間際、毎回思うことです。


b0008655_12150028.jpg

b0008655_12150080.jpg

b0008655_12150150.jpg

出発前。

センターハウス前の

こもれびカフェへ。 

以前はここテラスでした。

b0008655_12150143.jpg

b0008655_12150683.jpg

手作りガトーショコラの出来立て。

b0008655_12150794.jpg

クレープのバルサミコソース、

b0008655_12150772.jpg

b0008655_12150790.jpg

ビクセンカーは一足先に帰還。

しかしデカイ!(笑)

b0008655_12150793.jpg
私達も帰りましょう。

帰宅してのち数日後、JKたちの感想を聴いてみると、もちろん楽しかったのはたいへん楽しかったことで間違いないみたいなんですが、すっかり過去の出来事のような感じではありました。

そう、彼女たちの生きるスピードと私なんかのスピードがまるで違うのです。
それはキャンプしている間も今思えばかなり感じるところがあり、私のようにただ慌ただしいのとは全く異なるスパスパっと過ぎていく時間が彼女たちの回りにあるのです。

キャンプ場という時間の流れがそもそも緩やかな背景だからこそ、よりコントラストさせるのでしょうね。

時間のスピードが早いのがいいとか悪いとかじゃないんです。

キャンプ場が、普段はややわかりにくいいろいろな人の時間の過ぎ方を映し出しているのがとても面白いと思うのです。

キャンプを構成する大切な要素の一つは、それぞれの「タイムライン」の浮き彫りなんでしょうね。

彼女たちがあそこでバチバチ自撮りしていたのは、その目まぐるしいタイムラインを逃すまいということだったのかもしれません。

JKがいなかったら発見出来なかったかも。

またまたよい機会に恵まれたキャンプでした。

何回やっても面白い。

キャンプ、って。



トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/25235805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2016-01-08 07:00 | ソトあそび・アウトドアレポート | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も人生の扉(Doors)をまず開けて!アウトドアライター・キャンプブロガー・星のソムリエ SAMの人生キャンプブログ


by SAM