キャンプツール

◆2016年新富士バーナー(SOTO)新製品情報

b0008655_23173066.jpg

前回ご案内した

◆もう2バーナーなんていらない!? ~テーブルの上の二重奏「ST-526」

から少し時間が経ってしまいましたが、改めて新富士バーナーさんの2016年度の新製品をご紹介できればと思います!

まずはおなじみST-310のちょっと風変わりバージョン。

リアルツリー

水転写による迷彩柄で、北米でウケているというこの模様はおもしろいですね。

実はわたしがウケたのはそこではなく(笑)、ブラックの脚。

310に絶対的な信頼を寄せる私としてはこういうバージョンが増えるのは触手が動きますな。






b0008655_21414643.jpg
トーチにも採用さあれるとのこと。


b0008655_21415589.jpg
で、そのST-310に待望のオプションが!!

レギュレーターストーブ専用点火ハンドルケースセットST-3104CS




b0008655_21415802.jpg
今まで確かに再点火がちょっとしにくいと思っていましたが、なんとこのハンドルで押すだけ着火!!

おして五徳をカバーするソックスもセット。ここが熱くなるというのも従来気になる点でしたし。


b0008655_21421521.jpg
こういうパーツ開発が新富士さんらしい。

ユーザーの意見をしっかり聞き、細かかな検証を繰り返し製品化していきますね。

予定ではケース付きで¥1980

買いやすい!(ハンドル単体での販売もあり、なん¥500)


b0008655_21424764.jpg
これ、もう発売から17年もたってるんですねー。

Gストーブとして親しまれています。

私も使っています。しかも貴重なガルヴィバージョン。


b0008655_21425025.jpg
これがマイナーチェンジして「SOTO」のロゴに。

ただしこのオールブラックではなく、エッジのみブラックとのこと。

b0008655_22282144.jpg
b0008655_21422841.jpg
注目を集めていたのはいまや代名詞でもある「MUKA」ストーブの新製品、

マルチMUKA SOD-372 (仮称)

マルチの意味は、ガソリンとOD管がノズルを換えずに両方使えること。当然余熱必要なし。

バーナーもウィンドマスターと同じすり鉢状に。


b0008655_21423349.jpg
底にある通気口の閉開でガスかガソリンを切り替えます。



b0008655_21443642.jpg



b0008655_21430666.jpg
おおおおおお!!これはなんだ!!

なんと、焚き火台。

b0008655_21432480.jpg
ここがミソ。

b0008655_21432784.jpg
ここに煙突効果を生む極太のパイプが。

着火剤がなくても紙一枚と小枝で着火できるんじゃないかな。


b0008655_21431818.jpg
これが製品化されるかはこの時点ではわかりません。

この造詣はかなりマニアにはウケるのではないかと。


b0008655_21444263.jpg
最後は「システムクッカー」 SOD-500

¥7000予定。

いかにもSOTOブランドらしいアイデア満載。
b0008655_21445746.jpg
まずユニークなマルチリッド。

なんとこれ、まな板としても使えます。そして湯切りまでも。

b0008655_21453860.jpg
裏返すとガスのスタビライザーにもなるから驚き。


b0008655_21451423.jpg
素材はアルミですが、スーパーハードアナダイズド加工がされていてかなり硬質に造られています。


b0008655_21450764.jpg
また底面はわざとざらざらしており、それがバーナー五徳にフックをかけて滑りにくくするという、このあたりも新富士さんのさりげないモノづくりのポリシーが生きています。

そういうことを大仰に言わないのがまた奥ゆかしく・・・


b0008655_21451836.jpg
b0008655_22574715.jpg
こんな断熱ディスクもあり、またカバーもにも断熱があって、保温鍋にもなります。

ありとあらゆるアイデアが詰まってますな。

b0008655_21454231.jpg
リフターなんですが・・・

よーく見てください、これ持ち方逆でしょ。

そういつもの逆に持つとトングになる!!

レトルトとかつまめなかったりするじゃないですか。

アイデアですねー。




たぶん、これ売れると思うのです。

けれど一方、認めつつも買わない、そいう人もいるでしょう。

それが一番のSOTOブランドの弱点かな。

ギアの色気、これが足りない。

利便性や信頼性は大きくボーダーラインを超しているけど、消費者は決してそれだけでは「投資」をするとは限らない。

商品に必ず色気を求めます。

特にアウトドアギアには必ずどこかにロマンの香りを求めるからです。


「投資」は必ずしも着実なものだけでなく、ギャンブルもあります。

とても真摯で真面目なメーカーゆえどうしても対極になってしまいますが、そういうギャンブルな気持ちで財布を緩ませてくれるようなナニかが生まれてきたらもう鬼に金棒でしょう、きっと。



トラックバックURL : http://samcamp.exblog.jp/tb/24943536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sammag | 2015-09-29 00:03 | キャンプツール | Trackback | Comments(0)

ソトコト(OUT)もナカコトも(IN)も、まずは扉(Doors)を開けて!アウトドアライター・キャンプブロガーSAMのキャンプブログ


by SAM
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31